家族だんらんの温かい家をつくりたい

竹原 正/住宅部

 半田工務店の住宅部の営業として、勤続20数年になる竹原。新規のお客様はもちろん、以前に半田工務店で住宅を建てられたOB客の方との関わりも多い営業の仕事。住宅を建てた時だけでなくその先のお客様の生活を見守り、リフォームの要望にも応えるなどお客様とのコミュニケーションを大事にしている。

真摯にお客様と向き合う

 以前に半田工務店で住宅を建てられたOBのお客様にお会いし、住居の住み心地や要望をお聞きしたり、リフォームの相談にのることが多くあります。建てた時だけでなくその先の住宅で暮らすお客様の生活を大事に考えています。OBのお客様の子どもさんや知り合いの方が家を建てる際に、半田工務店をご紹介していただくことも多く、お客様から新しいお客様へとつながりが広がっていくのを感じますね。どんな小さな要望にも丁寧に応えていくことから大きな仕事が生まれると思います。お客様とのコミュニケーションの中では話しやすい雰囲気を持ちつつも、親しさを全面に出しすぎず、真摯にお客様と向き合うように心がけています。

「家族が集まるあったかい家、機能的にもあったかい家」

  私が半田工務店に勤めてから随分と長い時間が経ち、その間に住宅の機能・性能はどんどん良くなってきたのを感じています。はじめの頃はどんな家が良い家か分からない時もありましたが、今は「家族が集まるあったかい家、機能的にもあったかい家」を目指して家づくりの仕事に携わっています。お客様も設計者も、大工も営業もみんな一緒になって考えた家=あったかい家になると思っています。家族のことを考えた家づくりって大事だなあと思いますね。

戻る