小木田ご夫妻/SENBOKU

 2014年10月に完成した小木田ご夫妻のこだわりの家。結婚後は新築の家に住もうと決めていたお二人。何度も打ち合わせをし細部までこだわったお宅にお邪魔しました。

設計を担当してくれた方に感謝

 家を建てると決めてから、どんな家にするのか、間取りは?壁紙は?外壁は?など、いろいろな家を見たり、雑誌、インターネットでイメージを膨らませたという小木田ご夫妻。「半田工務店の設計担当者さんとは何度も打ち合わせをし、納得がいくまで図面を書き直してもらいました。工事に入ってからも『こうしたい』『こんな風に変えたい』など、さまざまな要望を聞き入れてくれ感謝しています」と話す。室内は飾り棚や飾りガラス、壁紙、壁紙のアクセントなど、多くのこだわりやアイディアがつまっていて、これから家を建てる方にも参考になるポイントが多い。新築後初めてむかえた冬だったが、家の中は温かく快適だったと話してくれた。

 リビング、キッチン、洗面所、玄関にも、多くのこだわりのポイントがある小木田邸。美佳さんに一番のお気に入りは?と質問したところ、「いろいろ気に入っているところがあり一つだけ上げるのは難しいですが、洗面台かな」と答えてくれました。洗面台で一番最初に目に飛び込んできたのはブラックとグレーのモザイクタイル。半田工務店の担当者にお願いし、モザイクタイルにしてもらったこだわりのポイント。愛犬のKOTAROくんの身だしなみを整えるスペースも確保されていて、機能的でありながらオシャレな洗面台になっている。
 また、智行さんにも同様の質問をしたところ「細部までいろいろと考えて建ててもらったので全部ですが、私もあえてあげるとすれば、無理を言ってつくってもらった2Fのトイレです」と答えてくれた。トイレに入ると飾り棚があり、智行さんセレクトの雑貨が飾られている。

工事終盤で、愛犬KOTAROの家も完成!

 工事も最終局面になった頃、どうしても愛犬KOTAROの部屋が欲しくなり、リビングの一角にKOTAROの部屋をつくってもらったという。壁もウッディーな感じに仕上げてあり、KOTAROくんも気に入っている様子。春になれば外壁の窓の下につくった「フラワーボックス」に花を植える予定だという。「住み始めて5ヶ月経ちましたが、まったく不満はありません」と話すそのお宅は、とてもオシャレで居心地の良い空間でした。

小木田様邸
引き渡し日:2014年11月5日
構造:木造二階建て

戻る