麺屋 羅漢/藤井 一訓さん

 2014年4月に横手市にオープンした「麺屋 羅漢(らかん)」。国内産の小麦をブレンドした自家製のもちもち麺と、しょっつるを使用したスープが特徴のラーメン店。今回はオーナーの藤井さんにオープンのきっかけや店舗建築時の様子などをお聞きしました。

 横手市出身で、以前は関東で和食の料理人をしていたという藤井さん。秋田に戻ってきたときに自分のお店を開きたいという夢を叶え、現在「麺屋 羅漢」を営んでいる。開業するにあたってどこに店を構えるか悩み、さまざまテナントを探したが、なかなか思うようなテナントに巡り合えなかったそうだ。そんな時に、店舗設計の相談をしていた半田工務店の担当者から「自宅の車庫を改築して店舗にしたらどうですか?」というアドバイスをうけ、「自宅のすぐそばにスーパー、そして病院も近いという立地はなかなかないと思い、自宅の車庫を改装し開業することを決意しました」と藤井さん。開店してからはその好立地のおかげもあり、スーパーの買い物帰りのお客さんや病院で勤務されてる方が来てくれたりと、口コミでお店の情報が広がったよう。今では横手の人気ラーメン店になっている。

 明るい店内は厨房内とカウンターとの距離やいろいろな機材に手が届くように考えられ、一人で動ける動線を生かした設計になっている。入り口の扉も開けたら自然に閉まるようにしたり、一人でも対応できる席数にするなど随所に藤井さんのアイデアがある。「暗い照明のちょっとお洒落なラーメン屋さんも好きなんですが、自分は暖色系の明るいお店にしたいと思って話し合いました。若者だけじゃなく、いろんな方が入りやすいお店にしたいと考えています」と、藤井さんの思いがカタチになったつくりになっている。


 使用している麺は、香りが出やすい全粒粉と国産小麦4種類をオリジナルブレンドした自家製麺。ボリュームのある太麺は黄みがかった独特の色合いが特徴的だ。また、麺に合わせるスープはトンコツベースで、タレはしょっつるを含めた5種類の厳選した醤油を使用。そんなこだわりのラーメンを提供している藤井さんの今後の夢について聞いてみると、「今は一人でやっていますが、いずれは店舗を増やしていけたらいいなと思っています」とのこと。藤井さんの作る渾身の一杯をぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

麺屋 羅漢
住所/秋田県横手市条里3-2-5
営業時間/11:30~14:15頃 17:30~20:00頃(木曜不定休)
メニュー/羅漢ラーメン 750円・辛痺ラーメン 780円・咖喱ラーメン 780円・羅漢海老ラーメン 790円
つけ麺(200g~)750円~・期間限定麺他

着工日:2013年2月26日
引き渡し日:2013年3月31日

戻る